認められるものを作るために

今日は良いことがあった。
1週間前に、こっそり先に作っておいた案が、良い!といってもらえたこと。
デザインの方向性などが全然おりてこないので、先に自分だったら、こんなのがいいかなと、かなり自由に作ったもの。それが良いといってもらえるのは、本当に嬉しい。
普段ひとりでもくもくと作業を続けているので、何がいいのか、基準がだんだんわからなくなってくることも多い。
周りに同じ作業をしている人はいないので、結局ひとりでどうにか提出出来るまでの形にもっていかなくてはならない。
本当に方向性は間違っていないのか、全て無駄な作業にならないか、と不安になることも多いけど、自分の感覚が間違ってなかった、と肯定されたような気がして、とても嬉しい。
感覚が鈍ってしまわないよう、もっともっと、頑張っていかなきゃ。